ソルトアンドペッパー画像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスのローダウン♪(その2)

ローダウンのつづき。。


ミッション積む前にこのギトギトの油汚れは、

さすがに掃除しないと。。。

結構大変なんだな~ でももちろんサービスですよん♪ 


w (1)

油が積もっちょる。。こんもりつもっちょる。。


w (2)

長年のアカがえらいことになってます。

化石にでもなるつもりかの~???


w (3)

スチームでは落ちないので、スクレッパーである程度落として~

この後、スチーム&ガソリン、灯油を使い油分を取除き

シャーシブラックを塗って~

(この写真はスクレッパーである程度取った時の物です
 シャシブラ塗った写真は撮り忘れた~♪)


w (4)

ちりも積もれば~ ♪


w (5)

山となる~ ♪


w (6)

塗装はこの部分までにしましょう。

なぜかって? 考えましょう~


w (7)

レリーズベアリングも、もちろん交換


w (8)

なんで?こんな所にグリス? と、思ったあなたは整備士ですね~

改造すると言う事は、普通の整備以上の事をしなければなりません。

(普通の車高の車はこのベアリングにはグリスは塗りませ~ん)


w (9)

解説しよう!

アクスルベアリング(リアホイールベアリング)はミッションオイルが

流れてきてベアリングにオイルを供給しています が。。。。

(赤いのがミッションオイルです。これが普通の状態です)
oil.jpg

車高を落とすとベアリングまでオイルが届かず

ベアリング~がオイル切れ~で焼きつき~の

ベアリング~がバ~ラバラ~になることがあります~(危険です。。)

その為、ベアリングにグリスをタップリ~ 塗りこみマ~ス

(コレガー シャコーヲー オトシタ ジョウタイデース)
↓↓↓↓↓塗り絵っぽくて カワイクナイデスカー???
oil2.jpg

合体!!!!


w (10)

新品のホイールシリンダ~ つっても

あなどっちゃ~ いけね~よ~ なんつったて舶来物だかんね~

新品でもカップ(ゴムの部分)だけは日本製にしたい所だが

お客様は、分かっちゃくれね~ぜ!
(なんで?新品なのに入れ替えんの? みたいな~) 

*注  嘘みたいな話ですが、
    新品のホイールシリンダーが1年もしない間にもれる。。。
  
    新品のアクスルブーツが半年もしないのに
    ボロボロになって破れる。。。。

    輸入したオーバーホール済みミッションが
    積んだ瞬間からギア抜けする。。。

     いろんな物の材質が粗悪ですぐ折れる、壊れる。。

     などなど~話し出したら~きりが無い!

  舶来物の恐ろしさは輸入した人間しか分かりません。

    大陸と島国の文化の違いでしょうか、

     日本人には理解できない事が多いです。。。。



じゃ~ぁ 舶来物のゴム製品を使いものにしてみようじゃね~の!

w (11)

いけてないカップをいかしたヤツに変身させる日本製ラバーグリス!

写真には無いですが、

新品のホイールシリンダーでも~バラしてカップ&シリンダ~に

タップリ、ラバーグリスを塗リマ~ス。

(ご自分で整備される時は必ず!して下さい!!
走らない車より、止まらない車の方が怖いよ~)


w (12)

ホイールシリンダー 組付け終わり!!


w (13)

次はサイドブレーキワイヤー加工~

写真の上は、タイプⅡのサイドブレーキワイヤー

下のサイドブレーキワイヤーはもともと T-1 に付いていたワイヤー

長さ、太さが違うので、加工していきまっせ~

*ちなみに、年式によってワイヤーの加工方法が違います。
(このバスは62年式)

w (14)

タイプⅡのサイドブレーキワイヤーの方が

スプリングは短くガイドが長いだろ~

T-1のブレーキASSYを入れたんだからさ~ 合わせないと~

まずは、ワイヤーを傷つけ無いようにガイドをカット!

気をつけてな~ ワイヤ~高いねんで~


w (15)

横カットの後は、たてカット~

これまた気~つけて~な~

外れた♪


w (16)


この比べ方分かりにくいな~

ま~要するに、スプリングを足して、ガイドの寸法を合わせるだけ


w (17)

スプリングを足して~の


w (18)

ガイドを造る為、寸法を測り~の~


w (19)

これまた寸法を測り~の~


w (20)

内径、外径が分かったところで、

このパイプを~使って~加工~


w (21)

旋盤で造って~


DSCN0661.jpg

できた~


w (22)

内寸はキチキチで造ります。

それを、かちこみま~す


w (23)

こんな感じでバックプレートに取り付けて~ん♪

最後に錆びない様に処理してね~


w (24)

サイドブレーキ加工しゅ~りょ~

w (25)

*注 写真を載せてない部分や、説明していない部分が山ほどあります。

    足回り関係の整備は、必ず整備士の方に御願いして下さい。




Call Now!! 0774-55-5789


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
Vintage Volkswagen And Porsche
Repair ・ Custom ・ Sale ・ Import
 
SALT AND PEPPER
miura 1st bild 51-7 hirakawa nagusa
jyoyoshi kyouto japan 610-0101
Tel 0774-55-5789/Fax 0774-55-5790
E-mail : info@vw-saltandpepper.com






関連記事

テーマ : フォルクスワーゲン
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

vw-saltandpepper

Author:vw-saltandpepper
京都で旧車をメインに扱う
ソルトアンドペッパーです。
クラッシックワーゲンやポルシェ356など、
古いけれど、やたらかっこいい、
やばい可愛いそんな車が好きな方、
是非遊びに来てみて下さい。
あなたの望みが叶うかもしれませんよ。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。